So-net無料ブログ作成

How to make up mogul course. [SKI]


K2 Cabrawlerの山。しかも全部仲間内(笑)
これだけ揃うと圧巻だね

 昨日の記事にも書きましたが、週末は草津国際スキー場でモーグルカップでした。これは大会にでないけれど、Cold Sweatの仲間、ぴんちゃん、はこちゃん、やっさんが出場することに。ということで、撮影撮影とついていきました。
 大会って初めてだから、どんなもんなんかなぁと

 で、大会は日曜ですが、写真は土曜の朝。コースなんてどこ?って感じです。
 今回協賛しているK2のライダーのひでさん、あやんさんが「ぎゃー」って状態。

というわけで、みんなでお手伝いして、コースを作ることに


 コースの上部でトラロープを解いています。トラロープはこの後大活躍。



 このときピステンかかって、スタート台が作られていました。
 雪が薄いのに、いいのか?そんなに持ってきてって感じです。
 でもスタートで立つ場所作らないと、コースにならないし・・・・



 このピステンかけてくれた人、すごい器用にデカブツ動かしてすいすい形の土台を作ってくれました。はじめてみたけど「すげーーーー」って感じ。
 こういうメカニカル大好きなこれにとっては、乗ってみたくて、操作してみたくてうずうずします。



 そして盛ってもらったスタート台を成形しつつ、トラロープを張ります。



 そのころイカすメカは下でエア台用の雪をかき集めています。



 まっすぐに張れているかをよく確認します。



 そしてこんな感じ、トラロープにマーキングが入ってあって、その目印あわせてポールを立てます。このトラロープの感覚と、ポールの感覚でコースの性格が決まるわけだけど、あぁこうやって作っていくのねと感心してしまいました。



 このあたりから作業班がいくつかに分かれ始めます。
 ポールを設置すると、トラロープはお役ゴメン。そのポールをターンの目安に滑り込んでいきます。その間ひでさん指揮のもとエア台を作成しています。


 今年は雪不足。ちょっと滑ると、下の土が見えてきそうになります。雪を足しては固めて滑っては固めて足しては固めて。
 なんとかコースらしくなってきました。

 朝9時半くらいから作業を始めて、ほぼ出来上がったのが15時。「KUSATSU OFFICIAL STAFF」なんて腕章つけて、こんなことしてしまって、STAFF扱いだから、お昼の食事もおなかいっぱいいただけたし、貴重な体験でした~。


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 4

くっさん。

今年は雪が少ないので大変ですね。
モーグルって、ナマで見たことないので興味津々です。
大会レポートもあるのですか?
by くっさん。 (2007-03-27 09:43) 

ぴんたろー。

まじでこの2日間やばいぐらい楽しかった(笑)。来シーズン雪降ったら草津いきましょー(^o^)。
by ぴんたろー。 (2007-03-27 11:29) 

yasu

大会用のコースメイクは初めてなので、
とても貴重な体験をさせてもらえました。
(いつもは適当に滑って作るだけだからね・・・)
貴重な体験だけでなく、食事代も出るなんて
一石二鳥とはまさにこのことでしたね。
by yasu (2007-03-27 13:37) 

これ

レス遅くなりましたm(_ _)m

>くっさん
ん~大会レポートまではまだ手が回りませ~ん。

>ぴんちゃん、やっさん
来シーズン一回でいいからトップシーズンに草津国際行ってみたいです。
面白かったし、お昼スキー場としてはおいしかったしw
by これ (2007-04-03 00:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。